Millefeuille / 土肥祐大

ガラスの端面で魅せる花瓶です。ガラス板を何層にも重ね合わせることで端面は一つの面となり、ガラスは普段とは異なった魅力を見せます。天面から中を覗けば端面を映す万華鏡の様で、そこにはガラス本来の色である、吸い込まれるような緑が広がっています。静かに美しい花瓶は、生ける花の色鮮やかさを引き立てます。

修正版_土肥祐大_法政安積ゼミ_compressed.jpg