「とやまデザイン・トライアル」

ABOUT TOYAMA DESIGN TRIAL

伝統工芸産業と先端技術産業、両方の産業資源を有する富山県。

 

伝統工芸産業は、技術を受け継ぎながらも、現代の生活様式にあったブランドや製品を開発し、多くの革新を生み出しています。また、先端技術産業は、次世代の成長産業の柱として、医療、薬、精密機械、ロボット、繊維などの分野で各社独自の製品づくりを行っています。

富山県総合デザインセンターは、富山から発信するデザインムーブメントとして、主軸事業「富山デザインウエーブ事業」(1990年~)のほか、県内のものづくり企業とデザイナーの連携を推進し、時代にあった商品開発を行うための様々な支援を実施してきました。

活動を続けるなかで見えてきたのは、デザインの重要性を認識し成果をあげる企業の特徴は、外部デザイナーの窓口となるデザイン人材が社内に存在するということ。一方、特に中小企業では、デザイン系人材の確保が難しいという課題があります。このような背景から2016年度に始まったのが当事業です。

富山県内のものづくり企業を対象に、県内外のデザイン系大学の学生から商品開発に向けたアイデア等を提案してもらい、人材育成の機会とするとともに、企業のデザイン人材確保を支援するためのマッチングを行っています。

2021年は富山県にてインターンシップを行います。

 
これまでの取り組み

HISTORY

2016

デザイン系大学教員とのネットワーク形成会議を東京と富山で開催。デザイン人材の育成やキャリアをサポートする上での課題や施策案などについて意見交換を行いました。あわせて、富山では県内のものづくり企業を教員の方々に視察いただいたほか、富山大学芸術文化学部×助野(株)によるワークショップ(ギフト靴下の制作)を行いました。

2017

武蔵野美術大学造形学部×高岡銅器企業(真鍮鋳物のプロダクト制作)、富山大学芸術文化学部×(株)山田写真製版所(富山県美術館ショップの包装紙制作)の2つのワークショップと、長岡造形大学の学生による「富山県企業見学会」を実施。今後、県内企業への就職を考える学生に配布するための、企業見学会の内容をまとめたパンフレットを製作しました。

2018

金沢美術工芸大学 ×(株)ウイン・ディー(デジタルモデリングによる制作)、京都工芸繊維大学×井波彫刻協同組合(工芸の深化)、富山大学芸術文化学部×助野(株)(ギフト用靴下のデザイン提案)、法政大学デザイン工学部×(株)能作×(株)ナンゴー(産業シーズを発展させたプロダクトとブランド開発)の4つのワークショップを実施しました。

2019

金沢美術工芸大学 ×(株)ウイン・ディー(デジタルモデリングによる制作)、武蔵野美術大学×(株)平和合金(富山の伝統工芸「鋳物」を学ぶ)、富山大学芸術文化学部×(株)カイスイマレン(3Dプリンターを使った子供向け水遊び用玩具のデザイン提案)、の3つのワークショップを行いました。

 

2020 PROJECTS

​5年目となる2020年は、金沢美術工芸大学、富山大学芸術文化学部、法政大学の3大学と富山県内の3企業によるワークショップを行いました。

バーチャルスタジオ.jpg
富山県総合デザインセンター

1999年に創設した、デザインを専門とする公設試験研究機関。デザイン性に優れた商品の共同開発や販路開拓の支援、デザイン人材の育成などに取り組んでいます。商品化を目的とした「富山デザインコンペティション」のほか、様々な支援活動を実施。また、近年は激変する市場環境に対応すべく、デザイン交流拠点「クリエイティブ・デザイン・ハブ」、バーチャルリアリティのコンテンツ制作システムや大型スクリーンを使ったシミュレーションの環境を備えた「バーチャルスタジオ」を整備し、先端産業とデザインの融合や異業種連携による新商品開発・新事業創出をめざしています。

問合せ先:富山県総合デザインセンター
TEL 0766-62-0510(平日 9:00〜17:00)
www.toyamadesign.jp
有限会社エピファニーワークス(事業受託者)
TEL 0766-54-6210

主催:富山県